出火、ただ今消火中!!!

今朝、火事があり、ちょうどそのまっただ中のところに居わせました。
と言っても、かなり離れた場所ですが・・300mmでこれですから・・・
火事現場を撮影する事を良しとしないと言う人もいらっしゃいますが、
これも現実の事象、私は一向に良しと考えています。
素人が手を出せる事柄ではありません。プロの消防士の皆さんに任せるしか、手は無いと考えます。
皆さんのご無事を祈る事しか出来ません!!!
f0075373_14451144.jpg



f0075373_14453545.jpg



f0075373_1445513.jpg

NIKON D80
SIGMA APO TELE MACRO 300mm F4D
[PR]
by okoa3 | 2008-03-27 14:46 | 風景 | Comments(4)
Commented by ΨΨ GHQ ΨΨ at 2008-03-27 19:36 x
すみません
僕も以前火災写真撮って「ひんしゅく」かいましたけれど
あれからも数回偶然の現場撮影しております
画は今のところ封印してますが、出そうかどうか考え中なんです
報道カメラマンではないのですが、カメラ持っている身としては
「現実を写したい」と言う気持ちで写しております
災難に合われた方のお気持ちは十分にわかります
「ここまでは写してはだめ」と自身で規制は決めて写してはいるのですが...
偶然、放水士の後方からも撮影した事もあります...

Commented by okoa3 at 2008-03-28 09:11
<<GHQさん、おはようございます。
例の一件、良く覚えています。
あのようなサイトでは、難しい写真なのかもしれませんね!
報道カメラマンが良くて、アマチュアカメラマンは駄目って事は無いと思いますよ。
テレビの報道でもアマチュアが撮影したものが頻繁に流されているように・・・
どこまでは掲載して良いと言う事はあるかと思いますが、火事現場の写真などは問題ないと考えています。
なぜならニュース等で流されている火事の写真等、当事者の事を考えればとんでもない話で、
全国区での放映となればもってのほかで・・・・

以前、GHQさんが、DGMで入賞された上記の問題の写真などその業界では何ら問題ないから入賞されたのでは、と考えます。
私の今回の写真等、戦争写真から比べれば取るに足りないものだと思います。
あの悲惨な写真で途轍もない大きな賞が授けられると言う事・・・どう考えれば良いのでしょうか???
ただし、火事の当事者の皆さんには決して軽はずみな事で撮影したのではない事を理解して頂かなければなりません。

これからも良い写真を撮り続けて下さい!!!!

Commented by atCommA at 2008-03-29 02:57
戦争写真は、火事場写真の擁護に持ち出すようなものじゃないでしょう。
キャパの例を引くまでもなく、戦場カメラマンは常に、死と隣り合わせです。そうまでして、人のもっとも愚かな営みである戦争というものの真実を伝えようという、使命感と哲学の裏づけがあって行動しています。
その上で出来た写真に「途轍もない大きな賞が授けられる」ことに、何の不思議もありません。

この写真を撮って、なおかつblogにアップされることに、戦争写真を引き合いに出すほどの覚悟と哲学はおありですか。

>ただし、火事の当事者の皆さんには決して軽はずみな事で撮影したのではない事を理解して頂かなければなりません。

こうおっしゃいますが、書かれてらっしゃることのどこをみれば、なにが理解できるのでしょうか。被災者にとって。
この写真が、被災者本人の目にとまる可能性は考えられた上でのこと、なのでしょうか。
Commented by okoa3 at 2008-03-29 06:50
<CommAさん、おはようございます。
お元気ですか?
貴重なご意見ありがとうございます。
コメントに関して否定も肯定も致しません。見解の相違とでも言いましょうか。
貴方は、貴方の信念のもとに頑張って下さい。
<< 春雨 心休まるひと時 >>