時の流れ

北運河には美しい石作りの倉庫が並んでいます。
その倉庫の扉についている取っ手、繁栄の当時は美しく威厳を放っていた事でしょう。
繁栄は去り、廃れるに任せ、今は廃れた美しさを放っています。
f0075373_17142093.jpg

EOS-1DmkⅢ
Ai-s Nikkor 50mm F1,2
F8
[PR]
by okoa3 | 2007-08-18 17:15 | 風景 | Comments(8)
Commented by haru_ogawa2 at 2007-08-18 21:21
構図のうまさでこの錆が生きましたね。
Commented by みのり at 2007-08-18 22:37 x
綺麗な色。
水色と赤と錆びの色・・・全部好きです。
Commented by 花泥棒 at 2007-08-18 23:42 x
浮き出た錆。時の流れが侵食し、ペンキまで剥がしていってしまってますね。
視点がいいですね・・・。それを生かす構図も・・・
Commented at 2007-08-19 00:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by okoa3 at 2007-08-19 15:57
<<はるさん、こんにちは。
ありがとうございます。
このような錆びは小樽市内至る所にあったりします。
それだけ古い町なんですよ!
Commented by okoa3 at 2007-08-19 15:59
<<みのりさん、こんにちは。
さび止めの塗料が塗られているのですが、まん前が運河な為に過ぎに錆びてしまうようです。
錆びると言う事は鉄にとって一番自然な姿なんですが・・・・
私もこの錆び具合、好きですね~
Commented by okoa3 at 2007-08-19 16:03
<<花泥棒さん、こんにちは。
まん前にある運河からの潮風に晒されているわけですから、錆びるでしょうね!
定期的にさび止めの塗料などを塗ってはいるのでしょうが、
時の流れには逆らえず朽ち果ててゆくんですね!
まるで人間の生き様にも似ているように感じます。
Commented by okoa3 at 2007-08-19 16:04
<<鍵コメさん、こんにちは。
お電話で話したとおりですので、宜しくお願いします。
期間中は何回か伺いますので・・・・
<< 日陰にて 夏の夜 >>