なごり

旧手宮線沿線には当時の手宮線を偲ばせるモノが今だに残されている物があります。
その最大のものが、現在の小樽総合博物館の車両たち、そこから伸びる旧手宮線、
線路、ポイント、切り替え機、車止め等々、錆びて朽ち果てている物もありますが、
明治時代から、昭和の初めまで走っていたんだなと、思わせてくれます。


これは回転機、正式名は知りませんが、説明は要りませんね。
要するに車両を回すもの・・・
ここから右下に旧手宮線が伸びています。
f0075373_18284713.jpg



この先まで複々線ですが、この先で単線になっています。
左の建物が旧日本郵船の裏側、この先、沿線に石作りの倉庫が結構残されています。
我が自宅も見えています。
f0075373_18384428.jpg

R-D1s
Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical
F8
[PR]
by okoa3 | 2007-08-07 18:40 | 風景 | Comments(0)
<< 何ですか~ ヘルメットの中の彼女と私 >>