ちっちゃな漁村の寒い朝

土日になるとこのちっちゃな漁村は沢山の釣り人がやってくるようです。
それはボートで沖釣りが出来るためのようです。
今朝も寒い中、沢山の釣り人が沖にいました。
それでもここはちっちゃなひなびた漁村、静かなものです。


このシチュエーション、方向は違いますが、記憶ありますでしょう。
どうもこの木枠がとってもお気に入りでして・・・

f0075373_17202191.jpg



こんな所にまでこんな看板が。
そういえば昔は沢山ありましたね、こんなのが。。。

f0075373_17225030.jpg



この雑然とした風景、どこか映画のセットのようで・・・
f0075373_1825329.jpg


船を陸揚げする時に使う小さなウインチ。
これで用が足せると言う事は、船の大きさは・・・・・
漁村の規模が知れますね。

f0075373_17251768.jpg



気温が低めですので、中では薪ストーブが、素敵な情景!!!
田舎暮らしも捨てたもんじゃありませんね~
f0075373_17292016.jpg


R-D1s
Leica L Summicron 50mm F2 (沈胴)
F2,8
[PR]
by okoa3 | 2007-05-12 17:35 | 風景 | Comments(4)
Commented by halkyoto at 2007-05-12 21:08
ちっちゃな漁村の貧しさが伝わってきますね。映画とかテレビドラマを見ていて貧しい漁村風景はいつもこんな感じの村が多いです。
/他力本願寺住職
Commented by みのり at 2007-05-12 21:47 x
昔よく見た看板・・・見た見た・・・見たことあるし、まだどこかで見るような気もします。全国にあるんですね。スゴイ・・・
イイ感じの漁村の風景ですね。煙突の煙がなんとも風情を感じますね。
Commented by okoa3 at 2007-05-13 13:43
<<他力本願寺住職さん、こんにちはです。
貧しいかと聞かれると、そうでもないようですよ!!
設備等は貧弱に見えますがね・・・
これがいい味出してくれています。

Commented by okoa3 at 2007-05-13 13:46
<<みのりさん、こんにちはです。
全国いたるところにこのような電話金融の看板がありましたが、今では電話債券の価値がなくなりましたか、見なくなりました。
ひなびたところに残っているものだけですね。
いつ行っても心落ち着かせてくれる、すばらしい漁村です。
<< 静かな世界 旧手宮線のオブジェたち >>