曇天 時々 吹雪

冬の小樽を象徴するような天気。
観光で訪れた人たちも首を竦めて歩いています。
早く天気の良い春が・・・・
f0075373_18425091.jpg

R-D1s
Leica L Summicron 50mm F2 (沈胴)
FL=50mm  SS=1/1449sec  f=2,0   EV=-1,0  ISO=200
[PR]
by okoa3 | 2007-02-18 18:44 | 風景 | Comments(4)
Commented by みのり at 2007-02-18 19:59 x
ほの暗い色が堪りませんね。「雪降る街」にピッタリの色ですね。
雪の粒の大きさもこの情景にマッチしてステキ!
Commented by cabin_um at 2007-02-18 21:12
今年、東京では雪を見る事できないのかなぁ・・・と何となく諦め気分。
小樽では、まだこんなカンジなのですねえ。この雪の粉粉した様子、とても寒々しく「雪国」という言葉がしっくり来る風情です。構図バランスと切れ味鋭い開放の模写、素敵です。
Commented by okoa3 at 2007-02-19 12:39
<<みのりさん、こんにちは。
例年、2月の後半になるとあまり雪は降りませんが、今年は異常気象も手伝って予測が立ちません。いずれにしても来月には春を感じるような気候になってくると思います。
この雪も雪国らしくて私は好きなんです。
あまのじゃくですね!!!
Commented by okoa3 at 2007-02-19 13:06
<<CABINさん、こんにちは。
先日のニュースで今年は東京に雪は降らないだろうとの事。
私の知る限り、初めてではないでしょうか。
私の子供の頃は結構降りましたから。
荒川の土手で遊んだ事を思い出します。

この写真では雪が多そうに見えますが、まったくもって少ないです。
一見、厳しそうに見えますが、そうでもなくて気温も高めですので、観光で訪れた人たちにはちょうど良いのではと思っています。
これで-8℃くらいになるととんでもないですから・・・・

本来このレンズの開放は良くないとの事だったのですが、全然そのような事は無く、十分に開放から実用になっています。
50数年前の物とはとても思えません。
<< ミュウ母さん、出産奮闘中 シンプルな佇まい >>