新印象派的絵画

歓楽街の一角、とても新印象派的な壁面と言いましょうか、抽象的なと言いましょうか・・・
リアルな抽象画を見ているような錯覚が・・・不思議な感覚です。
f0075373_21125795.jpg

R-D1s
Leitz M Summaron 35mm F3.5
FL=35mm, SS=1/274sec, f=7, 0EV, ISO=200,
[PR]
by okoa3 | 2007-01-15 21:15 | 風景 | Comments(4)
Commented by koumonomio at 2007-01-15 22:49
okoさん こんばんは
ひび割れた壁に、縦のライン♪心惹かれますね~g
σ^^は、「街撮り」をはじめてみて、こういった被写体ばかりにカメラを向けていますよ(汗
Commented by i_nosato02 at 2007-01-16 08:12
おはようございます。
印象派なのか、抽象画なのか、はたまた機能美なのか。。。。。
でも美しいですね。
切り取り方が難しい絵ですが、さすがです。
Commented by okoa3 at 2007-01-16 18:11
<< koumonomioさん、おばんです。
ここは本来石作りの倉庫だったようで、モルタルの剥がれ具合がとても印象的でした。
そうですか~「街撮り」を始められましたか~、大変ですが頑張って下さい。
Commented by okoa3 at 2007-01-16 18:15
<< i_nosato02さん、おばんです。
この雑然とした美しさとでも言いましょうか、どこか惹かれるものが・・・
請ういった被写体は至る所にありますが、それをどう処理するか、難しくて今だ満足なものが撮れた試しがありません。
ほんと難しくていやになってきます!!!
<< 薄夕 夕日 >>