ツララの季節

約50年前のレンズ、ズミクロンと同じくちっこいくせにやたらと重い!
これは開放での撮影、私の好みの描写です。
f0075373_17235590.jpg

R-D1s
Leitz M Snmmaron 35mm F3.5
[PR]
by okoa3 | 2006-12-02 17:24 | 風景 | Comments(4)
Commented by hiro-photo at 2006-12-02 20:09 x
こんばんは。
切れのよい、抜けのよいレンズのようですね。
ツララの根元の輝きや、板塀(?)の傷までよく見ることが出来ます。
やはり良い物は良い、さすがライカですね。
Commented by 花泥棒 at 2006-12-02 21:51 x
こんばんわ。
SNAPSHOT SKOPARの小樽オルゴール館の作品。横殴りの雪、その凍える空気までも写ってってますねっ!
コシナらしいかっちりとした描写。この風景にベストチョイスです!
Summaron・・・35mm、50年前のレンズとは思えない切れと抜け、そして色の味わい。
ん・・・沼は深く広いですねぇ(^^;ワクワクしてきますねっ(^^)
Commented by okoa3 at 2006-12-03 16:50
<<hiro-photo さん、おばんです。
癖玉と言われているレンズなんですが、どうしてどうしてこの癖玉が
どういう訳だか私は好きです。
いい味出していますよね!!
Commented by okoa3 at 2006-12-03 16:58
<<花泥棒さん、おばんです。
オルゴール堂の写真、本当はこのレンズで撮りたかったのです、どうも画角が足りないのと、この時にはまだ手元になかった・・です。
再度、雪の日のショットを撮ってみたいと思いますが、
明日辺りには修理のためメーカー送りになりそうです。
スプリット内の像が上下にかなりズレてしまっています。
年内に直るかどうか、エプソンの事ですからどうなりますか???

レンズはやはりライカ、味があって良いです。
暫くは中古のレンズアサリが続きそうです!!
困った、困った!!!!
<< 冬の子供たち 寒い朝 >>