Carl Zeiss Distagon 35mm F2.8 マクロ

前々から進めていたDistagon 35mm F2.8のニコンマウント化が終了
ジャンクで購入したレンズのマウント部分を改造して使っている為に、製品のようには行かないがそれでも納得のゆく物が出来た。マクロでしか使えないが35mmマクロなんて市場には無いので、唯一のレンズである。もう元には戻せないが利用価値はあるだろう。つい最近の「暗黒に咲く花」はこのレンズで撮影、見事と言うほかない描写に大満足!
それ程高価なレンズではないので気が楽である。 
NEW NKKOR 55mm F1.2(開放)にて撮影
f0075373_19442878.jpg



上のレンズで撮影したNEW NIKKOR 55mm F1.2 シリアル:371940
シリアルナンバーが「3350001~383842」一説によると使用されている構成レンズの一枚が凸レンズと非球面レンズ(ノクト)の違いだけで他の構成レンズはノクトと同じものだとか?だからだか判らないが描写は見事なものである。
サジタルコマフレアは出るがそれでも見事なものである。この後のAi NIKKOR 55mm F1.2「シリア:400001~」のレンズ構成はどのようなものかは判らないが・・・

f0075373_2155645.jpg

[PR]
by okoa3 | 2012-10-14 19:45 | その他 | Comments(0)
<< 静かな佇まい「旧寿原邸」 遅い紅葉 >>