一生に儚さ、刹那の命

ハスの花のように刹那の美しさ、ひと夏を一生懸命に生き終焉をも変えるトンボ達
それが充実した一生なのだろうと最近は思えるようになってきた。
しかし、最近この忘れられた線路跡のようにひっそりと忘れさられて、朽ち果てて行く姿を見るに付け
自分とダブらせてしまう。
このハスのような刹那の美しさよりも残された人生、良き人生だったと思えるように頑張ろうと思う。
それが私を支えて下さった皆さんへの恩返し・・・かなぁ!!
f0075373_805171.jpg

f0075373_804814.jpg

f0075373_804122.jpg

f0075373_803757.jpg

[PR]
by okoa3 | 2011-09-03 08:01 | 風景 | Comments(0)
<< 雨降り そろそろ秋の装い >>