光と影

20年前まではとても栄えた花園歓楽街、今では見る影もなく
ひっそりとしている。繁栄のバロメーターである花園歓楽街が閑散としているという事は
小樽市全体の経済が底冷えしているという事に他ならない。

ここも花園歓楽街のど真ん中にあって、以前はとても忙しくしていた焼肉屋さん、今では見る影もなく、クローズして幾久しく、今も現存して小樽の衰退を見守っている。
この建物が小樽の昔と現在、光と影を反映しているように見えて仕方がない。
f0075373_17424338.jpg

[PR]
by okoa3 | 2011-04-25 17:42 | 風景 | Comments(0)
<< 雨しずく 歪んだ風景 >>