くるま屋さん

小樽にこのくるま屋さんが出来た時には2~3台での創業だったと思っているが、今では
10数台、いや、もっと稼働しているかも知れない。吹雪の中でも、熱い真夏でも、若い人たちが一生懸命に車を引き、観光で訪れた人々に小樽の良い所を案内している姿を見るに付け、商売と云え頭が下がる思いだ。小樽の観光事業はこのような若者、観光事業を立ち上げた企業の力で今現在の観光都市小樽が成り立っている事を市は真摯に受け止めるべきだと思うのは私だけではないだろう。

この日はとても寒い日でくるまを引く、手、足など悴んでいるのではと・・・・
一生懸命くるまを引く姿は美しいとさえ思ってしまう!! 絵になっているのだ。
f0075373_18382274.jpg

[PR]
by okoa3 | 2011-02-09 18:39 | 風景
<< 喧騒のあと 雪の中、撮る人を撮る >>