帯広そして幸福駅

北海道小樽に住して22年、仕事を兼ねて初めて帯広に行って来た。
それも日帰りで・・・片道330キロ、3時間半の旅。
この雪の時期には6時間はかかると友人達に脅かされていたが、
あにはからんや、峠越えに頂上付近だけに積雪、道路は完全なドライ状態。
快適な旅であった。
酪農地帯だけあって広大さは見事の一言!小樽近郊では絶対に見る事は出来ない
感動の嵐である。
ついでに「幸福駅」にも寄ってみたが、現役当時はこの広大な平原をひた走っていた事だろう
と思いめぐらしながら、駅舎を見ていた。
小さな駅舎の中には沢山訪れた観光者達の記念品が所狭しと張ってある。
ここで結婚式を挙げたカップルもいるとか・・・
これから本格的な冬を迎え雪原になった時、再度訪れたいと考えている。
本当の厳しさを体験したくて・・・・
f0075373_17163220.jpg
f0075373_17164446.jpg
f0075373_1717315.jpg
f0075373_17171549.jpg


f0075373_1081363.jpg

f0075373_17173460.jpg

[PR]
by okoa3 | 2010-12-10 17:17 | 風景 | Comments(4)
Commented by koumonomio at 2010-12-10 18:50
15年前に訪れたことがありますよ。
この頃、写真を趣味にしていなかったので、ほとんど写真には残っていませんが懐かしい光景です。
Commented by kumagoro-1 at 2010-12-10 20:12
3歳から小学校卒業まで帯広で育ちました。
防風林の遥か彼方の日高山脈と広大な十勝平野を染める夕景。
50年以上も前の想い出がよみがえります。
okoa3さんが小樽を飛び出せたことちょっとうれしいです。

Commented by okoa3 at 2010-12-11 16:56
<<konmonmmioさん、おばんです。
私も22年北海道に住みながら、一度も訪れた事がありませんでした。コマーシャルのキャッチコピーではないですが、「デッカイ道、北海道」まったくもってその通り、ほんと、でかいですね!!
Commented by okoa3 at 2010-12-11 17:01
<<komagoro-1さん、おばんです。
そうでしたか~、帯広育ち!あの雄大な所で育つと、くまさんのようにおっとりとした、素晴らしい人格者になるんですね!!!
羨ましい!!!
永住したくなりましたよ。
一月には美瑛あたりに撮影に出かけようかと、考えているところです。さらに帯広によってみようかと・・・
<< そぼ降る雪の夜 枯葉に雪 >>