夜の街酒とたばこと女

小樽の花街、めっきり足を運ぶ人が少なくなって来ている。どこへ行っても「暇だぁ~」って言葉しか聞こえてこない。確かにその通りである。
寂しくなった花町、その花町に早い時間から繰り出してみた。
まあ、私の場合はほぼ毎日であるが・・・・・さて最初はかま栄のビルの一階にある「カスタムロード」へ
ここは、はげマスターが経営するクラブ。時間が早いせいか私一人。ちょっとおどけたイケ面(?)のお兄さんとはげマスターとで雑談。私は、バーボンをショットで二杯ほど戴き次のお店に

つい1か月前まではウイスキーなど飲めなかった私が今ではバーボン、スコッチをショットで飲むようになるなんて思ってもみなかった事だ。

ここは小さなスナック、ここではタラフク、カラオケで盛り上がる。
最初はchivasをショットで飲んでいたが酔っ払ってきたので水割りに・・・・ボトル半分は空けた感じである。
後ろにいるのがママ、ちょっと太め、でもとても可愛い人だ。私の愛人!!(そんな訳ないっか、失礼しました!!)
1時頃まで盛り上がり、その後仕上げに居酒屋へ、ここではビールを戴き,話し込む事2時間
「明日はきっといいことあるね」の言葉に見送られてタクシーで御帰還。
帰宅が三時過ぎ今日は眠い、いつもの事だけども・・・
f0075373_1453036.jpg

f0075373_1340499.jpg

f0075373_134152.jpg
f0075373_13413878.jpg
f0075373_13415637.jpg

[PR]
by okoa3 | 2009-11-07 13:45 | 風景
<< 朝日のあたる坂道 視点 >>